アレルギーを予防するベッドのダニ対策について

一般家庭でも多くのダニが発生しています。
実際に目には見えませんので、実感することは少ないのかもしれません。
ダニは、アレルギーの原因にもなります。
ベッドのマットレスに直接シーツを寝ているような場合には、睡眠中にかく大量の汗がマットレスに吸収されてしまうためダニの温床となってしまう可能性があります。
マットレスの上にはベッドパッドなどを敷き、定期的に洗うようにすることによりダニの繁殖を防ぐことが出来ます。
ベッドのマットレスの向きは定期的に変えるようにしましょう。
前後を入れ替える、ひっくり返す事により、フケやアカなどが一箇所に溜まることを防ぐことが出来ますし、マットレスの劣化も防ぐことが出来ます。
目安としては、3ヶ月に1度程度ですが、回数が多いほどダニの発生に対して抑制効果を期待することが出来ます。
ベッドの下は湿気やホコリが溜まりやすいため、定期的に掃除をするということはもちろん、空間を空け、通気性を良くするようにしましょう。